モビットの限度額を引き上げるコツ

モビットの限度額を引き上げるコツ

「モビット」を利用していて、初回の契約では限度額が低めに設定されているので、すぐに限度額一杯になってしまい、「もう少し限度額を増やせないかなぁ}と感じた方もおられると思います。キャッシング会社はほとんどのところが増額が可能で、ある程度の条件をクリアすれば、増額する事が出来ます。

ただ、「モビット」の増額審査は、通りやすい人と通りにくい人があるようで、増額審査は契約時よりも厳しい審査になります。さらに、審査に落ちてしまうと減額や利用停止のリスクもあるので抑えておくべきポイントをきちんと理解してから、増額審査に臨みましょう。

 

限度額を増やす方法

 

lgi01a201311280800

 

今の限度額を増やす方法は二通りあります。

  • ひとつは、他者へ新たな借入を申込んで融資を受けるという方法です。
  • もうひとつは「モビット」で今の限度額を増やしてもらう方法です。

他社へ新たな借入を申込む方法は一部のサイトで推奨しているようですが、この方法は感心しません。というのも、新たな借入をすれば返済日が増える事になり、管理が複雑になってしまいます。何より、金利は上限金利での借入れになるのでおすすめできません。また、信用情報機関の個人情報にも複数社の借入が記載されるので、大型ローンを組みたいと思った時は影響が出てしまいます。

「モビット」へ増額申請をして、限度額を増やす方法は、1社のみの利用なので、個人情報を汚す事はありません。増額申請が出来るようになるまで、時間がかかる事もありますが、限度額アップは増額申請をおすすめします。

 

モビット増額のメリット

033「モビット」は、借入申込時の利用限度額は低いですが、他の消費者金融より増額がしやすいと言われています。

「モビット」にはおまとめローンはありませんが、複数の借入がある方は、増額がしやすいという特性を生かして、他社の借入を返すことができます。

例えば、初めに30万円の借入が出来たら、その分を他社の返済に充当します。

その後、増額審査を通過し、限度額が増加できたら、その分を他社の借入分の返済に充当する事を続ける事で「モビット」で一本化できるようになります。また増額することで金利が下がる可能性があり、利用限度額が増えれば、それに伴い金利が下がる事が有ります。

 

「モビット」増額の方法

「モビット」の増額方法は2通りあります。

  • ひとつは「モビット」から「利用限度額の引き上げが可能ですが、どうしますか。」と連絡が入る場合です。
  • もう一つは自分からコールセンターに連絡する方法です。

モビットは店舗を持っていないため、連絡方法は電話かメールで行いますが、モビット側から連絡がきた場合は、増額したい旨を伝えれば良いのですが、ご自身で増額の申込をする場合は審査が必要となります。

 

増額審査に通りやい人・通りにくい人

増額審査はどこのカードローン会社でも、比較的厳しくなります。増額するという事は、利用限度額を増やす事になり、本人の返済能力を超えてしまうような借入が出来るようになると、返済を困難にしてしまう可能性があるからです。

「モビット」の増額に関する明確な審査基準は公開されていないので断定できませんが、一般的に、審査に通る人と落ちる人には違いがあるようです。

 

増額審査に通りやすい人に見られるのは
  1. 半年から1年程度継続して利用している
  2. 借入期間中の返済で1度も滞りがない
  3. 他社で新たな借入は行っていない
  4. 初回の契約時から収入が増えた

と言うような方になります

 

キャッシング会社は、お金を貸して利息を支払ってもらう事で事業が成り立ちます。つまり、きちんとした返済能力があって、毎月滞りなく返済してくれる人には出来るだけ多く借りてもらいたいというのが本音です。その為に、一定期間借入をおこない、滞りなく返済していき、返済がきちんとできる人だという印象付けをする事が重要になります。

他社で借入をおこなっていないというのは、2つ理由があります。

  1. まず1つ目は他社借入が有る場合、増額する事で総量規制の年収の3分の1を超えないか
    という事です。
  2. 2つ目は他社から借入をしたことで「相当お金に困っている人」という印象をもたれてしまうので、担当者の判断材料として好ましくない傾向になります。増額審査の際も個人信用情報機関に与信をかけて調査するので、他社で借入を行った方はご注意が必要です。

 
e_others_77初回契約時より収入が増えている場合、
は比較的通りやすくなります。

 

増額審査に落ちる人とは

増額審査に落ちる人は、単純に通りやすい人の反対の人になります。

  1. 初回契約時から半年未満しか経過していない
  2. 他者借入も含め、過去1度でも返済が滞ったことがある
  3. 他社で借入をした
  4. 収入が下がった、または直近で勤務先が変わった

と言う方は、そのままでは増額審査に通るのが厳しくなるので、時期を見て申込む事がポイントです。

 

増額申請にはリスクがある事を知っておく

増額申請で怖いのは審査に落ちてしまった場合、現状の限度額で利用できるとは限らない事です。最も大きいリスクは利用限度額の減額やカードローン利用の一時停止になる事で、収入が減ってしまった方や他社で借入を行った方は、特に注意が必要です。

新規で申込んだときの利用限度額は、信用情報と年収で決まります。つまり、増額申請をした時、その時の個人情報が変わった方は、元の限度額も下げられる可能性が出てきます。再審査した時の審査結果で利用限度額を超えている場合、最悪カードローンの利用停止もあり得ます。審査に落ちてしまった場合を考えて、十分に検討してから申込みましょう。